ヨゼフ会いきいきだより第2回 「男子の会(ヨゼフ会の前身)のご紹介」です。
ヨゼフ会いきいきだより NO.2   「男子の会(ヨゼフ会の前身)のご紹介」

ここに「65 男子の会」なる題名がつけられた古びた一冊の議事録ノートがある。
IMG_3042広報委員会で提供を呼びかけていた「50周年記念の思い出の資料」として、教会創立時で中心的な役割をされていたHさんから提供があった貴重なノートブック(左の写真はその表紙)だ。もちろん原本ではなく写しであるが、「ヨゼフ会いきいきだより」の第2回で皆さんにご紹介したい。

当初は「男子」とあるので、現在の「ヨゼフ会」の前身の会かと思ったが、ノートの内容を見て、創立時の教会の基礎的な運営の話し合いばかりなので、どうも現在の「教会委員会」の前身と考えた方が適切のようだ。
ただこの「男子の会」、会費制で月100円徴収しているし、また当時から「男子会」とか「壮年会」とも呼ばれていたという。やはり「ヨゼフ会」の前身の前身といってよいだろう。


ついでながら今の「マリア会」は、この頃から「婦人会」として、この「男子の会」でも「『婦人会』との協力で」という記述がたびたびあり、教会の日常活動ですでにその存在感を発揮していた様子が充分伺える。

ノートの記載の中身は、教会献堂の直前の第1回会合(1965年2月7日)から、第16回会合(1966年5月15日)までの一年余りの簡単な議事録といったようなものである。

第1回、第2回会合の議事録 (クリックで拡大すれば記載内容が読み取れます)

第1回、第2回会合の議事録 (クリックすると拡大され記載内容が読み取れます)

第1、2回の会合は、3月1日の新聖堂(初代)の献堂が迫っているため、献堂式の式次第や役割分担など、専らその準備のための話しあいが続いている。椅子やスリッパ20足購入予定という細かいことまで決められる。

第3回から、布教についての討論、公教要理の勉強会、家庭会(今の地区会)の充実化、掲示板の設置などが話し合われている。 また隣地に新しい聖堂を建てるためのバザーなどの資金作りの検討が始まっている。

ただ「資金作りだけのバザーはNGです」と、初代司祭ドバール神父様のお達しを受けて資金作りだけでなく、カトリックのPRと布教にも、というバザーの目的が後で追加されているようだ。

また驚いたのは、そのバザーの日程が8月28日(土)午後6時~と、29日(日)となっていることだ。日曜だけでなく前日の土曜の夜も含めて、当時は2日かかりのバザーだったようだ。8月末とはいえまだ暑い頃だから納涼も兼ねてということだったのか。
またやきとり100円、寿司80円、おでん50円の食堂の前売り券とあったが、50年後の値段とさほど変わらない。とくにやきとりがいまと同じ100円とは信じられないが。

更に注目したいのは、教会維持費(いまの月例献金)を各人の収入の1%とする、と明記していることである。ここまで明確に決められるのは、やはり全員で教会を担っていこうとする熱気のなせる結果だろうか。今ではなかなか出来ないことだ。

第4回、第5回会合の議事録

第4回、第5回会合の議事録

第5回から7回までは、8月のバザーの準備のための話し合いが続いている。
その間にも建設基金のための募金を1口5千円とか、男子の会の会費を月100円、とかの決定が続いている。
第8回会合では委員の任命がある。ここで初めて現在の教会委員会の誕生が図られようとしている。
委員:関(正)、鈴木(副)…… とあった。初代教会委員長が今もお元気な関さんであることがわかる。
さっそく3日後の9月21日に最初の教会委員会が開かれている。

第10、11回では、困窮家庭の救済についての相談などで「家庭会」についての言及が多くなっている。
またこの「男子の会」で第12回から聖書研究(輪読)が行われているのでいたく感心する。いまの「ヨゼフ会」とは随分と趣が違うようだ。

IMG_3051第15回あたりから、月報(今の教会だより)について議論され始めている。月報の名前や印刷機の購入、それに発行の手順など。 実際には「教会だより」創刊1月号が1月中に発刊されている。右の写真はその創刊号を飾る表紙である。別の50周年記念の思い出資料から転載した。

このように教会が誕生したての1年余りは、「男子の会」は現在の教会委員会の役割を担っていた。その後、創立時の信者数150人から、3年後(1968年)新聖堂の完成時には、これが600人余りに急増している。それに伴って教会委員会を中核とした組織が体系化されたようだ。

そしていまの「ヨゼフ会」の名称になったのは、更にその10年後のまた昭和54年(1979年)である。

「ヨゼフ会よき知らせ」レポーター K.V.