横浜教区の活動であるENCOM横浜主催で、国際フェスタを開催することになりました。
第一回のテーマは、「主の食卓を囲んで」で、多国籍の人達との交流を通して互いの理解を深め、友情を育むことが目的です。梅村司教様と共に主の食卓を囲み、各国の美味しい料理を味わいながら、国や民族の違いを越えて交流を深める楽しい一日を過ごしましょう!

日時:2016年9月25日(日) 雨天決行
ミサ:梅村司教様司式 11時半~ (主日のミサです)
    (ミサ後、フードコート、バザー、エンターテイメント、子供プログラムを開催)
場所:カトリック末吉町教会 聖堂・前庭

ベトナム、韓国、フィリピン、中国、ペルー、日本など、国際色豊かな美味しい料理を召し上がっていただくフードコート、ダンス・音楽などのエンターテイメント、子供たちも楽しめるクラフト作りなど多彩なプログラムを予定しています。

*ENCOM 横浜(カトリック横浜教区難民移住移動者委員会)とは、キリスト教精神にもとづき、人種、国籍の違いを超えて、人々が共に生き、一人ひとりの尊厳が大切にされる共同体作りを目指している団体です。横浜教区に住む多国籍の人との交流を通して、相互理解を育みながら彼らの支援をしています。ENCOMのENはEncounter(出会い)、 COMは、Community (共同体)、Communication(対話)Communion(ご聖体)を意味しています。
                        第三地区委員  N.I.

************************************************************************************************************************************
「聖母の園」への音楽慰問 ~ 神の愛を証しする部門
去る5月3日、第三地区・神の愛を証しする部門のメンバー9人と“エバ-ス”(保土ヶ谷教会と二俣川教会のメンバー6人で編成するバンド)とで戸塚の特別養護老人ホーム「聖母の園」を訪問し、ご高齢の方達にも楽しんで頂ける歌と演奏をお届けしました。当日は デイサ-ビスにいらした60人を超える皆さんが身をのりだし、手拍子を打って楽しんで 下さいました。
例年、愛の証しメンバーの企画は講演会が主でしたが、“行動に移すことを考えよう。”と、今年は出前コンサ-トを試してみた次第です。第三地区7教会の皆様と共に神の愛を証しするためには、どのような活動があり、どのように実行できるのかを二俣川教会メンバーとして発信していきたいと思います。
第三地区・神の愛を証する部門担当 T.K.