「国籍を越えた神の国をめざして」再版にあたって

 日本カトリック司教協議会社会司教委員会は1992年11月5日、「国籍を越えた神の国をめざして」というメッセージを発表、1993年1月20日付で冊子を作成し、日本の教会全体に呼びかけました。
 当時は日本に外国人移住者が増えつつあった時期であり、教会にも外国籍信徒が多く訪ねるようになりました。それに対応して外国語ミサも定着し始めました。日本人の信者は同じ信仰を持つ仲間が増えることに喜ぶ一方で、異文化の受け入れにとまどいを感じ始めていました。地方の小さな教会では日本人よりも外国人のミサ参加者が多くなり、外国人中心の教会になるところも出てきました。そのような状況の中で、日本の教会が難民移住移動者を友として受け入れ、その思いに寄り添うように呼びかけたのです。
 それから20年以上がたち、外国人の置かれている状況は大きく変わってきました。リーマンショック後に多くの労働者が帰国されましたが、国際結婚などで定住する人も増え、移住者も世代交代が始まっています。自治体レベルでのサービスも充実してきました。その一方で、ヘイトスピーチなどの排外主義の広がりや外国人差別・政府の難民対策など、以前と変わらないもの、以前よりも悪化しているものもあります。
 社会司教委員会では日本の教会の皆さんにいま一度、多国籍・多文化の共同体のありかたについて考えていただくために、初版当時から事情が変わった部分を難民移住移動者委員会が確認し、データや文章の一部修正・説明を加えて、この冊子を再版する運びとなりました。当時と現在の状況を比べながら、すでに実現されたこと、いまだ実現されていないこと、近年あらたに課題となってきたことなどを共同体で分ち合い、考え行動につなげていただければ幸いです。

2016年9月25日
日本カトリック司教協議会社会司教委員会 委員長 浜口末男

https://www.cbcj.catholic.jp/2017/08/17/14371/