教区第三地区共同宣教司牧だより No.18

第三地区委員会報告

教会委員長、副委員長と共に、第三地区の活動を牽引するため、新たに二俣川教会第三地区委員会が発足してから二年が経ちました。3カ月に一度の全体会議では、第三地区の3つの部門(祈る力を育てる部門、 信仰を伝える力を育てる部門、神の愛を証しする力を育てる部門)の活動を報告し、情報交換と交流のため、また第三地区の7つの教会の交流を深めるためのイベントも企画します。併せて、教区の青少年デスク、ENCOM(難民移住移動)、AOS(海で働く人を支える活動)の報告も行っています。今後、一つ一つの活動内容を紹介して行きたいと思います。

ところで、第三地区という言葉は皆さんにとって、もう耳馴染みになったでしょうか?まず、第三地区とは、横浜教区を16地区に分けた第三番目に位置する地区という意味で、二俣川教会を始め、磯子、港南、末吉町、戸部、保土ヶ谷、そして山手教会の7つの教会が第三地区に当たります。梅村司教様は司教書簡で、横浜教区のそれぞれの地区を一つの大きな共同体として考え、互いに交流し、信仰を高め合いましょうと、「交わりとしての教会」の姿を示されました。横浜教区を16の地区に分け、それぞれの地区での共同宣教司牧によって共同体としての信仰が育まれ成長して行くように、上記の3部門を設定されました。

地区の情報を共有し、共に祈り、現代の社会で神のみことばをどのような形で示すか、二俣川教会共同体もキリストの愛を知る者としてそれを伝える共同体となるよう期待されています。第三地区として二俣川教会は何ができるか、何をすべきか?ご復活後に今後の活動方針を話し合い、新たな一歩を踏み出したいと思っています。今後とも皆さんのご協力、ご参加をぜひお願いします。

早速ですが、祈りの部門より、李神父様と共に祈りを味わう講演会のお知らせです。

タイトル: 「ミサを祝う」
日時:  3月21日(祝日)午後1時半~5時半(ミサ、茶話会も含めますが、退出は自由です)
場所:  カトリック保土谷教会
指導:  李炳憲(イ ビョンホン)神父
(詳しくはロビーのポスター、チラシを ご覧下さい)

これは祈りを育てる部門の主催で行います。李神父様の導きで「聖書と典礼」の福音を深く味わい、黙想し、ミサへと誘います。実り豊かなひと時となるでしょう。10年間の日本での宣教を終え、ご復活後に韓国に帰国される李神父様と共に過ごす最後の機会です。皆さまのご参加をお待ちしています。   第三地区委員会 N.I.