■神父からのメッセージ

イエス様の聖心と聖母マリア様―李神父からのメッセージ6月号―

イエス様の聖心と聖母マリア様 六月はイエス様の聖心(みこころ)の月です。イエスの聖心と一番近い関係を持つ方はもちろんマリア様ですが、聖母マリアをイエス様の聖心と関連づけて黙想する人は珍しいかもしれません。そのためほとんどの信者は聖母マリアに「イエスの聖心の母」という称号... つづきを読む

御手のなかで すべては変わる感謝へ ―牧山善彦新司祭からのメッセージ―

御手のなかで、すべては変わる感謝へ   先月の29日に二俣川教会で司祭叙階の恵を賜りました。今に至るまで自分を育み、支え、ともに信仰の道を歩んでくださった二俣川教会の皆様に心から感謝申し上げます。また、叙階式に際し、長期間に渡って準備くださった皆様にも重ねて御礼申し... つづきを読む

私のために再び立ち上がる神ー李神父からのメッセージ4月号ー

私のために再び立ち上がる神 私たちがいつも立ち上がる時、そこに復活があります。アレルヤ! 日々の暮らしの中で新たな何かを始める時、そこに復活があります。アレルヤ! 闇から起きあがり、自分を新たにして立ち上がること、それが復活です。 アレルヤ! 十字架という重い岩を取り... つづきを読む

四旬節の祈りー李神父からのメッセージ3月号ー

四旬節の祈り キリスト者である私たちにとって、四旬節は自分の考えやものの見方を新たにし、人生の指針を確かな方向へと向ける特別な時節です。その指針を示して下さるのが聖霊です。聖霊の第一の働きは、私たちがイエス・キリストとの人格的な出会いになるように導き、主に従って学ぶ... つづきを読む

「いつくしみの特別聖年」ってなんですか?-李神父様からのメッセージ2月号-

「いつくしみの特別聖年」ってなんですか? 皆さんもご存じのように、昨年の12月8日から「いつくしみの特別聖年」が始まりましたね。なぜ「いつくしみの特別聖年」が設けられたのでしょう? それにどんな意味があるのでしょう? 福音の核心はイエス・キリスト、つまり「人となられた慈... つづきを読む

「ミサ典礼の変更箇所の意味と大切さを勉強しましょう」-李神父からのメッセージ12月号-

「ミサ典礼の変更箇所の意味と大切さを勉強しましょう」 「新しいローマ・ミサ典礼書総則」に基づく変更箇所-Ⅱ 今度はことばの典礼の部分です。新総則では、「沈黙」が典礼上の重要な要素に位置づけられて、ふさわしいときに沈黙を守ることが勧められています。日本の教会の適応と... つづきを読む

「ミサ典礼の変更箇所の意味と大切さを勉強しましょう」-李神父からのメッセージ11月号-

「ミサ典礼の変更箇所の意味と大切さを勉強しましょう」 新しいローマ・ミサ典礼書の総則」に基づく変更箇所-Ⅰ 今年の11月29日待降節第一主日から実施される「新しいローマ・ミサ典礼書の総則」に基づく変更箇所ついて巻頭言を借りて紹介をしていきたいと思います。長い内容ですがミサ... つづきを読む

この世の中には私のものは一つもない         -李神父からのメッセージ10月号-

この世の中には私のものは一つもない 毎日顔を洗って風呂に入って歯を磨いておしゃれにするこの体を「私だ」と勘違いしながら生きています。私たちは生きていながらこの体のためにお金と時間、情熱、真心を注いでいます。 きれいになりたい!格好よくなりたい!セクシーになりたい!... つづきを読む

ドバール神父様を訪ねて~感謝と祈り                 李神父からのメッセージ9月号

ドバール神父様を訪ねて~感謝と祈り 7月20日に日本からの一行を迎えるまでの一週間、私は以前日本で宣教していたフランス人の神父様や、フランスで宣教している韓国の先輩神父、留学中の後輩神父たちと久しぶりに会いました。互いの旧交を温め充実した楽しい時間を過ごすと共に、其々遠... つづきを読む

聖霊は祈りの先生                                              李神父からのメッセージ7月号

聖霊は祈りの先生 「朝の光で一日を始めるように、私たちは祈ることを日課としなければなりません。祈りは心臓のような役割を果たすからです。」これが聖母マリアの意向です。祈りが心臓のような役割を果たすという意味はどういうことでしょう。それは、血液を全身に送りだす心臓のよう... つづきを読む