ーヨゼフ会いきいきだより

ゆるやかな壮年男子の集まり「ヨゼフ会」                      (ヨゼフ会いきいきだより NO.10)

 今回の「ヨゼフ会いきいきだより」は、教会だより「二十六聖人」の活動グループ紹介シリーズ 「ヨゼフ会」よりそのまま転載しました。 教会創立時に発足した男子会(壮年会)がヨゼフ会の遠い前身です。青年会とパウロ会の間の年代の男性を対象とした信徒会ということになります。入... つづきを読む

「ふしぎなキリスト教」を読んで

ヨゼフ会いきいきだより NO.9  「ふしぎなキリスト教」を読んで 今回は、ヨゼフ会の活動をお伝えする「ヨゼフ会いきいきだより」の主旨から離れますが、最近、読んだもので特に印象が深かった本のご紹介をします。 「ふしぎなキリスト教」という本の紹介です。 橋爪大三郎と大澤... つづきを読む

ヨゼフ会いきいきだより NO.8                2015年ヨゼフ会箱根錬成会

ヨゼフ会では、毎年6月頃に1泊2日で会員の親睦をはかるため錬成会を催しています。 今年は6月の20日21日に20名の参加で行われました。 当日は、当教会の信者で皆に愛され5月に亡くなられた 故T.N.さんの追悼ミサがあり、皆で参列後、5台の乗用車に分乗して箱根にある保養所へ向かいまし... つづきを読む

馬渡島キリシタン探訪記 -牧山一族のルーツを訪ねて-  (ヨゼフ会いきいきだより NO.7)

先月、助祭召命を授けられた牧山善彦神学生もそうだが、わが二俣川教会の信徒には牧山姓が多い。ヨゼフ会にも数年前まで牧山のトミさん、ハルさんなど親しく呼ばれた牧山姓の会員が4.5人いたそうだ。 牧山一族の先祖を遡ると寛政年間(1789~1800年代)、迫害を避けるため、長崎外海から集... つづきを読む

ヨゼフ会いきいきだより NO.6              「パパさまの5つのゆびのいのり」のご紹介

パパさまの5つのゆびのいのり フランシスコ教皇の「五本指の祈り」 ヨゼフ会の活動をお伝えする「ヨゼフ会いきいきだより」の主旨から少し離れますが、今回は「パウロ会」のある信徒の方より、こんな素晴らしい「お祈り」がありますということで紹介がありました。 「パパさまの5... つづきを読む
article placeholder

ヨゼフ会いきいきだより NO.5              今年も待降節はヨゼフ会の『馬小屋』作りから

35年前の「馬小屋」作り 今年もヨゼフ会恒例の「馬小屋」作りが待降節の初日(11月30日)のミサ後に行われました。 このヨゼフ会の「馬小屋」作りは何時ごろから始まったのかよく分かりませんが、私が受洗してヨゼフ会に入った頃、今から35年ほど前にはすでにヨゼフ会の毎年恒例の... つづきを読む
article placeholder

ヨゼフ会いきいきだより NO.4                  隠れキリシタンの里を訪ねて (平戸・生月巡礼記)

ヨゼフ会では有志が数年前から毎年のように復活祭が終わった5月から6月にかけて、地方の古いカトリック教会を訪ねる巡礼の旅に出ます。 今まで五島・長崎(2010年)、平戸・馬渡島(2011年)、秋田・山形(2013年)を巡りました。そして今年5月には小日向の切支丹屋敷跡など都内の江戸キ... つづきを読む
article placeholder

ヨゼフ会いきいきだより NO.3

ヨゼフ会いきいきだより NO.3 「箱根の錬成会から」 錬成会について ヨゼフ会の錬成会は、土曜午後、車に分乗して二俣川教会を出発、箱根の仙石原の某大学の保養所で一泊、翌日はその近隣の教会で主日のミサに与り、午後には教会に帰着するというパターンを中心にして、ここのところ... つづきを読む
article placeholder

ヨゼフ会いきいきだより NO.2

ヨゼフ会いきいきだより第2回 「男子の会(ヨゼフ会の前身)のご紹介」です。 ヨゼフ会いきいきだより NO.2   「男子の会(ヨゼフ会の前身)のご紹介」 ここに「65 男子の会」なる題名がつけられた古びた一冊の議事録ノートがある。 広報委員会で提供を呼びかけていた「50周年記念の思... つづきを読む
article placeholder

ヨゼフ会いきいきだより NO.1

-ヨゼフ会出店のよき知らせ 13.10.27 - バザーの準備とはいえ朝7時集合ということで、少々きつかった。 ほぼ7時に教会に着いたけれどもう若い方数人が、テント張りの作業を始めていた。 今日は終日晴天という天気予想なのに、なぜテントを張らなければならないか、と疑問に思いなが... つづきを読む