-50周年記念に寄せて

article placeholder

50周年記念に寄せて⑨

随想 祝50周年 Amazing grace ! を重ねて 癸生川 ひと月後には新幹線開業・東京オリンピック開催と日本中が沸いていた1964年9月、中高生の要理開講第一声で、「二俣川に新しい教会が建ちます。この保土ヶ谷教会の子供ができます。うれしいことです。」と、日野久義神父様が発表され... つづきを読む
article placeholder

50周年記念に寄せて⑧

50年前の「男子の会」(ヨゼフ会の前身)の議事録にみる教会創立時の記録から。 広報委員 伴 ここに「65男子の会」と表記された古びた一冊のノートがあります。 これは昨年から広報委員会が提供を呼びかけていました「50周年記念の思い出の資料」のひとつとして、初代教会委員... つづきを読む
article placeholder

50周年記念に寄せて⑦

二俣川教会始めの歩み 笠原 1   挨拶 皆さんこんにちは、この教会が間もなく献堂50周年を迎えるにあたり、教会の始めの歩みについて話をする様に仰せつかりました、笠原です。 これからお話しすることは、皆さんがすでにご存知のこともたくさんあります。また、私の記憶違いもあると... つづきを読む
article placeholder

50周年記念に寄せて⑥

「二俣川教会献堂50周年に寄せて」 ジョー・ドゥバー(ドバール)神父 □二俣川教会の誕生の時期は、2つの歴史的な出来事と重なっています その出来事とは東京オリンピックと第二バチカン公会議です。第二バチカン公会議は、華々しくはなかったものの、宗教上の重要な会議であり、そ... つづきを読む
article placeholder

50周年記念に寄せて⑤

カトリック二俣川教会は、今年で献堂50周年を迎えます。 教会の月刊広報誌『26聖人』で連載中の、”50周年記念に寄せて”の記事を、ご好評により、当ホームページにも掲載することとしました。 この連載は、二俣川教会の信徒が、50年前の当時を思い出して書いた回顧録です。 ... つづきを読む
article placeholder

50周年記念に寄せて④

二俣川教会献堂時代の思い出 関 二俣川教会の献堂50周年を迎えるに当たり、献堂当時を知る私にとって感慨無量であり又喜びを深く嚙みしめています。初代のドバール神父様の下で(昭和40年9月21日)第1回の教会 委員会が開かれ、微力の私が委員長を勤めさせて頂く事になり、二代... つづきを読む
article placeholder

50周年記念に寄せて③

カトリック二俣川教会は、今年で献堂50周年を迎えます。 教会の月刊広報誌『26聖人』で連載中の、”50周年記念に寄せて”の記事を、ご好評により、当ホームページにも掲載することとしました。 この連載は、二俣川教会の信徒が、50年前の当時を思い出して書いた回顧録です。 ... つづきを読む
article placeholder

50周年記念に寄せて②

夢のような「カトリック二俣川教会」の誕生 牧野 今から60年前の二俣川は 横浜駅から相鉄でチンタラ30分も掛かる不便な原野だった。当時の相鉄は昔の市電並みの各駅鈍行だけ。敗戦後9年目の昭和29年(1954)、初めて私が鶴見から二俣川を訪れたとき、どえらい田舎まで来てしまったという強い... つづきを読む
article placeholder

50周年記念に寄せて①

カトリック二俣川教会は、今年で献堂50周年を迎えます。 教会の月刊広報誌『26聖人』で連載中の、”50周年記念に寄せて”の記事を、ご好評により、当ホームページにも掲載することとしました。 この連載は、二俣川教会の信徒が、50年前の当時を思い出して書いた回顧録です。 ... つづきを読む