■活動団体だより

「青年会」の活動をご紹介します。

【定例会】奇数月最終日曜ミサ後 【入会資格】18歳以上の青年の集まりです。 【活動内容】例年、教会学校主催のサマーキャンプ、教会行事のバザーやクリスマス会の手伝い、年1回のわかちあいたいかいの企画・運営を通して、共同体を盛り上げています。 最近は、「みんなで名札をつけよう... つづきを読む

「一粒会」 ・・・ 召命は主と共に歩む大きな恵みです。 

召命は教会に与えられた主の恵みです。  この恵みを実りあるものに育てる事は、教会全体、司教・司祭と共に 全ての信徒に課せられたつとめです。 始まりは、東京大司教区で 1938年まで遡り 「小さな粒を毎日一粒ずつ貯えていき、行いを長続きさせる」 と言う事を考え命名され... つづきを読む

青年会のご紹介

  青年会は18歳以上の信徒、もしくは信徒になる意思のある男女の集まりです。奇数月の第四日曜日のミサ後に定例会を行っています。 例年、教会学校主催のサマーキャンプの手伝い、バザーやわかちあいたいかいなどの教会のイベントの運営・参加を通して二俣川教会を盛り上げています... つづきを読む

マリア会のご紹介                           (マリア会ニュース NO.5)

二俣川教会に所属する全ての成人女性がマリア会の会員です。教会行事、バザー、各種パーティー等への協力をしています。また、会員同士の交流を図るための企画、例えば巡礼遠足、編み物講習会、黙想会などを行ないます。毎月例会を開催し、教会委員会からのお知らせをお伝えし、また会員... つづきを読む

ゆるやかな壮年男子の集まり「ヨゼフ会」                      (ヨゼフ会いきいきだより NO.10)

 今回の「ヨゼフ会いきいきだより」は、教会だより「二十六聖人」の活動グループ紹介シリーズ 「ヨゼフ会」よりそのまま転載しました。 教会創立時に発足した男子会(壮年会)がヨゼフ会の遠い前身です。青年会とパウロ会の間の年代の男性を対象とした信徒会ということになります。入... つづきを読む

「ふしぎなキリスト教」を読んで

ヨゼフ会いきいきだより NO.9  「ふしぎなキリスト教」を読んで 今回は、ヨゼフ会の活動をお伝えする「ヨゼフ会いきいきだより」の主旨から離れますが、最近、読んだもので特に印象が深かった本のご紹介をします。 「ふしぎなキリスト教」という本の紹介です。 橋爪大三郎と大澤... つづきを読む

パウロ会のご紹介

パウロ会は伊藤淑雄司祭(故人)の時から始まったと聞いていますから、教会の初期から続いていると思われます。二十六聖人の一人パウロ三木を守護の聖人にいただいて、この会はパウロ会と名付けられました。ヨゼフ会やマリア会より少々年輩の男女の懇親会的な集まりです。月に一回の会合... つづきを読む

第24回 「聖歌の集い」の報告

2015年8月 聖歌隊だより 聖歌の集いは、横浜市内のいくつかの教会の聖歌隊のメンバーが中心となり聖歌隊の無い教会でも歌いたい方々が集まって、2月から何回か練習を行い、5月の末に聖歌ミサをささげる集いで、今年で24回目を迎えました。厳しいながらもやさしく指導してくださった伊澤力... つづきを読む

ヨゼフ会いきいきだより NO.8                2015年ヨゼフ会箱根錬成会

ヨゼフ会では、毎年6月頃に1泊2日で会員の親睦をはかるため錬成会を催しています。 今年は6月の20日21日に20名の参加で行われました。 当日は、当教会の信者で皆に愛され5月に亡くなられた 故T.N.さんの追悼ミサがあり、皆で参列後、5台の乗用車に分乗して箱根にある保養所へ向かいまし... つづきを読む

馬渡島キリシタン探訪記 -牧山一族のルーツを訪ねて-  (ヨゼフ会いきいきだより NO.7)

先月、助祭召命を授けられた牧山善彦神学生もそうだが、わが二俣川教会の信徒には牧山姓が多い。ヨゼフ会にも数年前まで牧山のトミさん、ハルさんなど親しく呼ばれた牧山姓の会員が4.5人いたそうだ。 牧山一族の先祖を遡ると寛政年間(1789~1800年代)、迫害を避けるため、長崎外海から集... つづきを読む