■姜神父メッセージ

2024年5月26日 三位一体の主日のミサの説教

今日は三位一体の祭日で、神様の特別な神秘を祝う日です。ただひとりの神様は、父と子と聖霊の三つのペルソナを持っておられます。しかし、この三つのペルソナは一切の分裂や分割もなく、完全に一つとなっておられます。この一致の神秘は、人間の知恵では理解できません。そこで、昔から... つづきを読む

2024年5月19日 聖霊降臨の主日のミサの説教

今日は、神様の救いの御業が完成された聖霊降臨の祭日です。神様はイエス様を通してその救いの計画を実現し、ついに、聖霊降臨によって、その御業を完成されたのです。その救いはイエス様の十字架と復活から示されました。その十字架と復活によって、世の罪と死を滅ぼされ、それに捕まっ... つづきを読む

2024年5月12日 主の昇天の ミサの説教

日は主の昇天の祭日です。この日は、復活されたイエス様が天に上げられたことを記念する祭日です。イエス様は復活された後、40日間、地上にとどまりながら、度々弟子たちに現れました。それは、ご自分が復活された事実を、彼らがしっかりと信じるようにするためだったのです。実に、イエ... つづきを読む

2024年4月28日 復活節第5主日 ミサの説教

今日の福音はあの有名な「ぶどうの木の例え話」です。この例え話は、勿論、イエス様とのつながりの大事さについての教えなのです。イエス様と繋がらなければ、その枝は何の実を結ぶことができないから、信仰者は常に、イエス様につながっているように心と魂を尽くさなければなりません。... つづきを読む

2024年4月7日 復活節第2主日 ミサの説教

今日の第一朗読は、生まれたばかりの教会共同体の姿について語っています。その初期教会については、同じ使徒言行録第2章の43節から47節にも書いてありますが、43節から45節は、今日の第一朗読とほぼ同じです。ここで、46節から47節までの内容も聴いてみましょう。「そして、毎日ひたすら心... つづきを読む

2024年3月31日 復活祭 ミサの説教

罪と死に打ち勝たれたイエス・キリストは、まことに復活されました。アレルヤ。アレルヤ。 イエス様の死によってわたしたちの死を滅ぼし、また、復活によって新しいいのちへの道を開いてくださった神様の慈しみと平和が、信者の皆さんの上に豊かに注がれるよう、お祈りいたします。神様... つづきを読む

2024年3月17日 四旬節第5主日 ミサの説教

ミサが始まると、通常は、十字架を持って侍者が行列の先頭に立ちます。それは、わたしたち信仰者の先頭にはいつもイエス様がおられ、わたしたちを導いてくださることを意味します。言い換えると、わたしたちは皆、イエス様に従う人であることを表しているでしょう。もし、香を使う時には... つづきを読む

2024年3月10日 四旬節第4主日 ミサの説教

この聖堂の中で、一番明るい場所はどこでしょうか。それは、この祭壇がある所、内陣です。なぜ一番明るく作られるのでしょうか。それは、ここがイエス様のおられる所、神様ご自分の家である天の国の食卓があるからです。わたしたちはこの食卓で神様の顔を仰ぎ見、その御言葉を聞く喜びを... つづきを読む

2024年2月25日四旬節第2主日、3月3日 四旬節第3主日 ミサの説教

2月25日 四旬節第2主日 この頃ミサをささげる度に、わたしは神様の計り知れない愛について考えを巡らせています。塵にすぎない人間が、ミサという「神様の独り子の救いの御業」を記念し、それを行い、また、それに与ることは、何と素晴らしいことでしょうか。このミサ聖祭の中で、イエス... つづきを読む

2024年2月18日  四旬節第1主日 ミサの説教

先週の水曜日から今年の四旬節が始まりました。その水曜日は「灰の水曜日」と呼ばれ、その日のミサに与った信者は皆、頭に灰を受けました。その儀式のとき、司祭は一人一人の頭に灰を載せながら、「あなたは塵であり、塵に帰って行くのです。」という、創世記の御言葉を唱えます。それは... つづきを読む